結婚につながる出会いをつかもう!お見合いで失敗しないためのマナーとは?

カジュアルすぎる服装や個性的すぎる服装は避ける

お見合いで失敗しないマナーとは、どのようなものなのでしょうか。
お見合いは初対面で会う場なので、カジュアルすぎる服装や個性的すぎる服装は避けましょう。初対面だとまず見た目が第一印象になってしまいます。第一印象では顔の表情も大切ですが、カジュアルすぎる服装や個性的な服装で行くことはお相手に対して嫌な印象を与えかねません。かしこまりすぎず、カジュアルすぎない自分に似合う服装で出かけることが一番、自分らしさを出せるかもしれません。女性であれば女性らしい服装を心がけることもマナーかもしれません。女性が全身を黒で統一したパンツスーツで現れたら、男性のようにも見えてしまいます。お見合いではお相手に不快感を与えることのない服装を選んでみましょう。

まったく会話が弾まなくても自分から話し掛けてみる

初対面のお見合いでは会話が弾まないこともあります。
会話が弾まず沈黙が続いてしまったときは自分から進んで話題を振ってみるのもいいかもしれません。どちらも黙ったままの状態は気まずい雰囲気になります。お相手の趣味などを事前にプロフィールでチェックしておくと、こちらからお相手の趣味について詳細を聞いてみたりと話が弾みやすくなります。プロフィールに趣味は書いてあるので会話が弾まないときは趣味の話をしてみるのがおすすめです。お相手の週末の過ごし方を聞いてみるのもいいかもしれません。一方的に自分の話ばかりしているのは会話にならないのでお相手も話せるように心がけてみましょう。初対面で緊張しているのはどちらも同じなので、会話で相手に不快感を与えないことも失敗しないための大切なマナーです。